見た目の影響だけじゃない!歯並びが悪いと何がいけないの?

体や口腔内の健康に影響する

矯正歯科は、悪い歯並びや噛み合わせをきちんと噛み合うように、そしてきれいな歯並びに矯正する治療を行っています。では歯並びが悪いと何がいけないのでしょう?

一つは見た目です。歯並びが悪いことでだらしない印象を与えてしまったり、歯を見せて笑えないという悩みを持っている人は多いです。もう一つは、体や口腔内の健康に影響することです。歯並びが乱れていると噛み合わせが悪くなり、しっかり食べ物を噛むことができません。しっかり噛まずに飲み込むと、胃腸への負担が大きくなり消化不良を起こすことも考えられます。そして、歯並びが悪いと歯や歯茎に隙間ができて食べかすや汚れが詰まりやすくなります。虫歯ができやすい環境になるというわけです。さらに歯ブラシもうまく当てることができず、口の中を清潔に保つことができません。歯周病などの口腔内の病気になりやすくなります。その他にも、噛み合わせが悪いことで体のバランスが乱れ、肩こりや頭痛を引き起こすことがあります。

健康を維持するためにも

このように、歯並びや噛み合わせが悪いことでさまざまな影響をもたらします。歯列矯正は、長期間かかることや矯正器具の装着という負担がかかるため躊躇する人もいます。ただ歯列矯正も進化しており、最近ではマウスピース矯正が注目されています。透明で目立たないことや痛みが少ないこと、比較的費用も安く済むことがメリットの矯正方法です。ただ矯正方法にはいろいろな種類があるため、信頼のおける矯正歯科を見つけて自分に合った方法を提案してもらうとよいですね。口腔内だけでなく全身の健康を維持するためにも、歯並びが気になる人は一度相談してみましょう。

三鷹の矯正歯科では複数の治療方法があるので、自分に合ったものを選びましょう。現在では歯の裏側にワイヤーを通す方法や、マウスピースを使った治療法があります。